人それぞれの生活の中でのお風呂の楽しみ方

一日の生活の中で一番リラックスできるのはお風呂に入る時間だと思います。
湯船につかると、今日も一日終わったなと一安心します。
お風呂の入り方には人それぞれあると思いますが、私と私の息子は湯船につかって温まるのが好きです。

でも反対に主人はシャワーで簡単に終わらせてしまいます。
それこそカラスの行水です。

せっかく浴槽に湯をはっているのに何故入らないんだろうと聞いてみると、熱くて5分と入っていられないのだそうです。

日本人なのにもったいない。お風呂で温まるのは日本人の醍醐味ではありませんか。湯船の中に温泉の素を入れたりして香りを楽しんだり、旅行に行った気分になったり、「今日は何を入れようかな」「今日はどこの温泉を楽しもうかな」、そういうのも生活の中での大切だと思うのです。

そういえば新婚旅行でも近くの温泉旅館に泊まりに行ったのですが、その時はどうだったのだろう。私は子供を連れて今の主人と再婚したのですが、温泉旅館に行った時には息子と一緒に男風呂に入っていったけれど、浴槽に浸かったのかどうか聞いたことがなかったです。

息子は浸かるの大好きなので付き合って入ってくれたのかどうか。もしかして主人にとっては酷なことだったのかも知れません。屋内風呂に露天風呂、一日4〜5回くらい入っていましたから。
でも私の息子は大喜びで嬉しがっていました。
付き合ってくれた主人に感謝しないといけませんね。いつも私たち親子を大切にしてくれて有難う、毎日頑張ってお仕事してきてくれて有難う。なかなか伝えられない言葉を言ってみたくなりました。

Copyright (C)2017お風呂は生活に欠かせない住宅設備.All rights reserved.