生活する中で癒されるお風呂

お風呂は身体を清潔に保つためだけでに入るのではなくなってきています。
例えば体を癒す、心を癒すなどの効果も得られますよね。入浴剤などのお風呂の時間をよりよくするような製品もでてきています。
私の生活の中で一番りらっくすでき、なおかつ安らげて癒される時間はお風呂に入っている時間です。

そういう方は少なくないのではと思います。
ここでは私なりに考えたお風呂の魅力とお風呂での注意点を紹介したいと思います。

まずはお風呂の魅力ですが、お風呂に入るとなんか気持ちいい、リラックスできる、癒されると思う方が多いでしょう。やはりそれには理由があると思います。
気持ちいいというのは体を綺麗にするという意味ですっきりするからでしょう。目に見えない体のごみがとれることで気持ち的にすがすがしくなります。
リラックスできるというのは、やはり全裸で入るので開放感があって、体をよく伸ばせたりできるからだと考えています。
ここで、一番リラックスできるお風呂のお湯の温度というのはぬるめがいいですよ。

お風呂での注意とは長く入りすぎないことです。

実は体の体温はお風呂に入っているときは、温かくなるのではなく、体温は低くなるみたいです。

ですのでお風呂に入りすぎた後、急に出ると頭がグラッとするときありませんか。それはそのせいです。

なので長風呂は止めた方がいいです。

また、朝風呂も控えた方がいいです。

風邪の原因にもなり、頭にもよくないのです。

体の健康を思うなら、朝風呂は極力控えましょう。ではお風呂タイムを有意義に過ごせるようにしましょう。

Copyright (C)2017お風呂は生活に欠かせない住宅設備.All rights reserved.